10名限定で5月生アスケン会員を募集中!5/1から5/15まで『明日の店舗経営研究会』

みなさん、こんにちは!アスケン広報部シシドです!!
いつもお読みいただきありがとうございます。

毎月第3日曜日と火曜日には都内で日曜アスケンと火曜アスケンを開講しています。
アスケンには日本全国に会員の方がいて遠方にお住まいの方には動画配信して参加してもらっています。

5/1~5/15まで5月生アスケン会員を限定10名募集します。

150504-08

すでに2名応募がありましたので、あと8名ですね。
入会お申し込みはコチラから→ http://assp11.little-lion.com/plas01.html

…そして、5月度アスケンは変則で開催するんです!

題して『アスケンIN沼津1泊研修会』を開催します。5月17日(日)から1泊で沼津駅~沼津港の海の近くで大自然に囲まれていつもと違う雰囲気で開催します。

↑写真は前回の1泊研修会の様子です。
帰る時間を気にしなくてもいいのか朝まで語り合ってしまいました。とても楽しい会でした。

150504-10

150504-09

150504-12

今回も講座あり、懇親会あり、お風呂あり、夜中の語り合いあり、、、

さらに泊まった翌日は有志でアスケンRIDEを沼津周辺で行なう予定です。鳴りを潜めていたアスケンロードバイク(自転車)研究部会が再始動です。

150504-11

講座の内容は前回の続き『店舗マネジメント②』です。このお題はかなり大きいので4月、5月と2ヶ月に渡って講師の小野さんが話してくれます。

組織が小さいので自店では必要ないと思う方もいるかもしれませんね。たとえ1人でお店に立って営業していようとベースの考え方は必要なのです。

大まかにお伝えすると一握りの店舗を除く店舗は『店舗運営』を行なっています。これはお客様が来店したことによって発生するしごとを“こなす”ことを主として店舗運営されているはずなのです。

それとは反対に極一部の店舗は『店舗経営』を行なっています。要するに“能動的に客数を増やす行動”を常に行なっているのです。売るための明確な商品やサービスである武器があり、どんな状況でもそれを発揮する技術を持って““もの凄くいっぱい売る””ことが出来ることを行なっています。

そんな重要な重要な単元が4月、5月なのです。

『店舗経営』のベースを持つ店舗は未来に向かってチャレンジできますし、規模も売上高も自在に大きくできる可能性がもの凄く高くなります。やはり経営ですからね!早い段階で勉強して大勢の方に『店舗運営』を抜け出して能動的に売ることが出来るようになっていただきたいです。

今から夜の語り合いが楽しみです。

アスケン講師の小野さんがメルマガを配信始動!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5年ぶりにメルマガ始めました。内容については超自信あります。
『2ケ月で4.7倍になった!?飲食店の売上の上げ方』
http://assp11.little-lion.com/lp01.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕たちは知っているんです。どうしたら店舗経営をして経営者と社員が「豊か」になれるかを
【アスケン公式サイト】明日の店舗経営研究会 since2011
大きな投資をして行う店舗経営なら絶対に「豊か」になって頂きたい。店舗経営をしている人、店舗経営に関わっている人、将来店舗開業を考えている人。飲食店、歯科医院、旅館、獣医師、施術・治療院、スーパーマーケット、物販店舗、理容・美容室、中古車販売、自転車販売店、鮮魚店、和菓子店、その他。http://as.little-lion.com/

アスケン広報部
アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>